読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松松に歌って踊っていただきたい嵐の曲3選

松松の夏が始まるぞ〜

 
約1年もの月日を経て、遂に松松の夏が来る!と思っていた矢先にまつくとげんげんが見学なんて、どんだけヲタクに優しいんだよっ!!!最高かよっ!!!
ってことで、ジャニーズデビューが嵐だった私が選ぶ松松に歌って踊っていただきたい嵐の曲を3つ選びました!完全なる個人的な趣味な上に結構コアな曲を選んだんですけど、歌詞だけでも楽曲の良さが伝わると思うので読んでいただければ幸いです!
 
「身長差のない恋人」(アルバム「How's it going?」)
 タイトル通り、身長差のないカップルの男の子目線の歌詞が可愛くてポップな一曲。彼女が気を遣ってスニーカーばかり履いて、でも本当はピンヒールに憧れている彼女に実は気付いている彼氏。アイドル特有のトンチキな歌詞が絶妙。一般男性の平均に比べてちまっとしている松松に是非歌ってほしい!!

 Mama said 「牛乳噛んで飲んで寝なさい」って

ゴメン スニーカーばかり履かせて wow wow baby

このAメロではいつかのインタビューで元太くんが放った「牛乳はオレに効果ないってわかったんだ」という発言が思い起こされるいい歌詞ですね。

空までの距離にすれば 同じさLove you for

Just 宇宙の規模でみれば 大きいも小さいも不要

そういつもそばにいるから 君へのLove you for

広げた腕より無限だよ もう果てなくつづく Shining day

サビではもはや宇宙規模で考えるという極論を突き付けてくる最高な展開。

歌詞だけじゃなくドラムとギターのカッティング(?)から始まる少し長めのイントロも松松のダンスにもってこいなんですよ。ポップなんだけど、女性のコーラスがジャズっぽい感じがしてすごくいい。ジャズについてよく分かってないからジャズっぽいっていう表現があってるのかわかんないので、確認よろしくおねがいします。(人任せ)

そしてなんといっても、歌の冒頭と最後に繰り返される

We can dance いつもいつもそばで

I can feel 抱きしめる Night and day

いつもいつもいつもそばで You can feel 届けてる Night and day

ここ松松にぴったしじゃないっすか?!?!

とにかく!二人には百点満点の笑顔で踊っていただきたい!!!!!

 曲終わりで

松田「まつくはちっちゃいからこのきょくぴったりだね!」

松倉「だれがチビじゃっ!!!」

の松松お家芸が見たいです。

 

「タイムカプセル」(「Dear Snow」通常版)

少年から青年へと成長している今!この曲を歌ってほしい。とにかく明るい曲だけど、切なさも含む少年だったころの自分を懐かしむ一曲。EXシアターが夏の匂いで満たされること間違いなしのサマステにもってこいの曲です!

いつか 宇宙飛行士になる夢も 野球選手になる夢も

どこに落としてきたのだろう?無我夢中の日々の中

タイムカプセルあけて 見つけたものを手に取れば

泥だらけの笑顔でまた きっと会える君に

このひたすら少年感を感じる歌詞!!個人的に、ここでの「君」ってひたむきで純真無垢だった少年の頃の自分の事だと思うんですけど、めっちゃエモくないっすか?

 大人になるにつれて理不尽なことを受け止めたり、諦める事も身に着けなきゃいけないけれど、やっぱり心のどこかで少年の頃の自分を大切にしている歌詞がすごく好き! 

見慣れた街に 流れる季節 少しずつ僕ら

Day by day まだ知らない 扉を開けるだろう

耳を澄ませば 聞こえてくるよ 無邪気に笑った

Dear my friends 少年のように 何も恐れない 心のままで

少しうつむきがちな自分を 変えられるなら

この二番の歌詞、特に元太くんにぴったりすぎませんか?!ジュニアの環境も日々めまぐるしく変わっていくし、以前、後ろで踊っていた子のバックにつくこともあって。先日の雑誌インタビューで元太くんが、「バックでつくことが多くなって悔しかったけれど、それよりも100%の笑顔でダンスできていなかったことがダメだと思った。昔は心からダンスを楽しんでいたのに。それでも気づけてよかった。人として成長する機会をもらったんだと思う。」という趣旨の発言がサビも含め、この歌詞とよく合う!!!

いつか君に話した夢も 指切りした約束も

僕ら忘れていないだろう?遠く離れていても

タイムカプセルあけて あの日のままの思い出が

立ち止まる僕の背中を 押してくれる 今でも

 

ここのサビの部分は、「お互い別の場所で経験したものを合わせればもっと強くなれる。」と元太くんを励ました松倉くんの言葉が思い出されます。どんなに長い間離れていても、自分が頑張ることでシンメの背中を押す松松のことではないですか?松松にぴったり。さいこう。歌ってくれ。

 

「君が笑えるように」(「GUTS!」通常版)

この曲は初めて聞いた時から、ドラえもんの主題歌っぽいエモい曲だなという印象。スローテンポで失恋を柔軟剤のにおいがする毛布で包んであげたような曲。

 

足りないもの見つけたくて新しいドア開くたび

君の想い出 深くなってく

枯れないように育てるって 君が大事にしていた花

また今年も 蕾をつけたよ

 

ありふれたラブストーリーとしても

二人の記憶 色褪せないよ

君は君で 僕は僕のまま

きっと優しくなれるから

 

さようなら さようなら  巡り会えたそれだけで

幸せだって思えるよ

これから これから 君が笑えるように

僕の想い 虹に変わるといいな

とりわけ二番の歌詞が好きなんですけど、 透明感、儚さ、切なさを一身に纏った松倉くんと元太くんそれぞれに真っ暗の中、二人だけのスポットライトを当てて歌っていただきたい。少年っぽさと大人っぽさが共存している今しか表現できない何かがあると思うので。舞台で培った表現力をこの歌で爆発させてほしい。最初の二曲は松松とリンクするような歌詞を中心に選んだけれど、この曲は新境地を見せてほしいという願いを込めて選びました。

 

番外編「グッデイ!!」

この際だから書いちゃいます。数日前にもtwitterでもいったんですけど、V6兄さんの「グッデイ!!」歌ってほしい!これからキラキラな毎日が待っているって思わせてくれるポップで耳馴染みのいいアイドルソングです!

 交差点の向こうで

サンダルの君が手を振る

二人隔てる距離がじれったい

 

新しい風に 大きく深呼吸したら

見たことの無い季節へ駆け出すよ

 

光る翼でFly Away

虹を描いてGood Good Good Days!

どうしても君でなきゃあり得ないStory

 

君と始まる Brand New Day

きっと未来は So So So Cool 

零れる輝きの瞬間 このまま

 

星に願いをPromises

永久に広がるGood Good Good Days!

繋いだココロならずっとほどかない

この曲は断!然!アンコールで歌ってほしい!!!二番のAメロ(交差点の向こうで~)なんてここ一年のことだし、見たことない季節って今年の夏のことかな??「光る翼」とか「虹を描いて」とか「星に願いをPromises」っていうファンタジックなところも松松っぽい!!「どうしても君でなきゃあり得ないStory」尊い!!もう「零れる輝きの瞬間」ってもう本当に目に浮かぶ!!ダダ漏れですよ!!本当に君とBrand New Dayが始まっちゃう!!繋いだココロほどけな~いキャピって感じですよ。

 

書くだけならタダという精神でここまで書いたけれど、結局まつくとげんげん二人一緒に同じステージに立ってくれるだけで嬉しい。最高の夏になるよう、遠くから願ってます。